エヴァンゲリオン 初号機

圧倒的なディテールとサイズでフィギュアファンを驚愕させるプライム1スタジオ。

そのプライム1スタジオによる新シリーズ「アルティメットジオラママスターライン」が始動。

第一弾として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より、主人公の碇シンジが搭乗する「エヴァンゲリオン初号機」がラインナップ。

 

第3新東京市を駆けるアグレッシブなポージングの初号機、頭部はLEDライトアップ機能が内蔵し、

通常と開口で2つのバージョンを再現。腕部は走行ポーズと、パレットライフルを構えたポーズを差し替えで変更が可能、

さらに手首も数種付属し、幅広いバリエーションでのディスプレイが楽しめる内容。

ベースは第3新東京市をモチーフとしたジオラマベースを採用。破壊のあと、道路を転がる自動車など、随所に演出を盛り込んだ意欲作。

 

 

■サイズ 全高約76.8cm/全幅約61.4cm/奥行約68.3cm 重量: 約29kg

■数量: 世界限定1000体(台座裏とパッケージにシリアルナンバー入り)

■価格 ¥145,800(税込み)