1/6フィギュアを楽しもう!【第1回】

 ~ 本日は、1/6フィギュアの世界に誘います。 ~

フィギュアの世界で1/6サイズというものが昔から人気です。
持っていなくても知名度の高い商品では、「GIジョー」などです。
イメージは伝わりますでしょうか?
 「1/6」 = 「12インチ」 = 「30cm」
フィギュア界では、ほぼ同じカテゴリーになります。

ここで謳う1/6は、カテゴリーであって厳密なスケールではありません。
最近はきちんとした等身があるため、13インチや27cmなども一部存在しております。
日本では大きいフィギュアとしていわれますが、世界的にはメジャーなサイズです。

この呼ばれ方の元は、素体を使った商品の構成にあります。
 素体(ボディ)+ヘッド+服(&小物)
大体この3つ構成で成り立っています。

共通の素体を使うことで、新規開発のコストがおさえられます。
統一されたサイズなので、服・小物も共通して使えます。
同時に自分なりのカスタムも出来るというわけです。
世界では、いろいろな商品・カスタムパーツが出ています。

近年は、素体も以前と比べてかなり可動範囲も広くなり、筋肉の付き具合なども
考えられて、より人らしいプロポーションの物も存在します。
特にこの近年は、ヘッドパーツのクオリティーがかなり上がり、
写真では、本当の人かと思うようなものもあります。

今人気の「HOTTOYS」などは、肖像権の厳しいハリウッドの方も
納得のいくクオリティーです。
     

  

    
※サムネのリンクを新規ウインドウで開く方法がわかりませんでしたので
画像は、ブラウザーで戻ってね!

【第2回】へ続く

コメントを残す