スーツの着せ方

本日は、以前にもチラリと聞かれたスーツの着方の紹介です。

スーツを着せようとすると、細めの「スリム素体」が着合わせしやいのですが、
作りたいものと必ず一致するわけではありません。
ボディーが太い時は十分注意し、着させてみましょう。

シャツは、体外前の部分が面ファスナーになっています。
 ※メーカーなどによって異なります。

シャツを着せる時は、人間と一緒で、腕から通します。

腕を後ろや真上に回し、なるべく両腕を通して着せた方が服のズレがなくなります。
この時、手首をとっておいた方のがいいです。
両肩を通る時が一番テンションが掛かると思いますのでご注意を。

今回のスーツは、ネクタイが取れそうもなかったので、
ヘッドパーツもつけてありません。

一度、シャツを着た状態で、腕を回してきて整えるといいでしょう。
腕を戻すと、シャツの腕部分でねじれが出ますので、それを直しながら。

あと、フィギュアなので、ある程度割り切りも必要です。

隠れてしまうのなら、いっそ「ベルト無し」でもOKです。
ズボンの下は、パンツを履いてませんが、1/6でパンツを履くと
オムツをしているようで見た目がよくありません。
ネクタイもズボンにINさせてでも、ズレにくいように。

上着も同様で、実際に人が服を入るようなスタイルが楽です。

※ずり落ちないように、写真では手首がついてます。

こちらも、着せたあとは腕やねじれを修正しましょう。
ネクタイなどもチェックです。

どうしても、1/6サイズのなので、難しいところもあります。
場合によっては、アイロンを掛けたり、浮いてこないように縫い付けたり。
発展したカスタムはまた今度。

今回のスーツには、靴もセットされておりました。
こちらは、「ボールジョイントタイプ」です。
簡単に取り付けることができます。

メーカーによって、はまりやすい・はまりにくいがあります。
ドライヤー等を使い、受け側を緩くしておくと、はめやすくなるでしょう。

ボールジョイントタイプは、靴がスマートに仕上がります。
履き替えも簡単で、最近はこのタイプが多くなってきています。

スーツにかぎらず、布服は保管に注意しましょう。
当店では、サービスにて「乾燥剤」をお付けしております。

全てではありませんが、開封が簡単なものや着合わせに使ったものから
おつけさせて頂いております。
※全てに付いているわけではありませんのでご了承下さい。

撮影に使用したスーツは、
Very Cool 1/6 高級メンズスーツセットA (ブラック) 【VC-M3004A】
(お買い求めはこちらから⇒)

他のスーツたちは、(こちらから⇒)お選び下さい。
ご不明な点はお問い合わせ下さい。

コメントを残す