商品情報にスキップ
1 2

TOMYTEC

トミカリミテッドヴィンテージ NEO LV-N214a マツダ サバンナRX-7 パトロールカー(警視庁)

トミカリミテッドヴィンテージ NEO LV-N214a マツダ サバンナRX-7 パトロールカー(警視庁)

通常価格 ¥2,970
通常価格 ¥2,970 セール価格 ¥2,970
セール SOLD OUT
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

■1/64スケール ミニカー
●実車も魅力満載!平成初頭の名車たち
●人気のFC3S後期型を製品化
●それぞれホイールも新規製作

様々な名車が誕生し、日本車史上のヴィンテージ・イヤーといわれる1989年。平成元年でもあるこの年は、毎月のように新車が現れ、そのどれもが話題をさらう魅力を持ったクルマたちでした。この年、二代目サバンナRX-7(FC3S型)も、4年ぶりの大幅変更。185馬力から205馬力へとパワーアップ、ボンネットのアルミ化(一部)など、純粋なスポーツカーへの道を進んだ後期型はさらに人気となり、同じく'89年に現れたユーノス・ロードスターの大ヒットもあって、当時マツダは世界最大のスポーツカー量産メーカーとさえいわれました。
TLV-NEOでは昨年12月に初めてFC3S型を製品化。すでに4種類展開し、それぞれ非常に好評をいただきましたが、今回はさらに新バリエーションを追加。硬派グレードのGT-Xとパトカーを追加いたします。パトカーは実在した警視庁仕様で、スチールホイール装着状態を再現しました。ノーマル車はもちろん、パトカーも人気の「働くスポーツカー」の最新作として、ぜひコレクションください。
※フロントスポイラーはユーザー取付部品です。
©2019 TOMYTEC

 

※こちらの商品は実店舗及び、弊社が運営する他ショッピングサイトと在庫を共有して販売しております。
ご注文受付後の在庫確認となり、場合によっては在庫切れが発生する可能性もございます。
その際は申し訳ございませんがメールでお知らせ致しますのでご了承下さいませ。
※メーカー画像を使用しておりますので本商品と多少仕様(ロゴの位置やカラー、柄の位置等)が異なる場合もございます。

詳細を表示する

Video