「13日の金曜日」がなぜ不吉なのか?

「13日の金曜日」といえば、人気ホラー映画を思い出すことでしょう。

もとの起源は曖昧でよくわかりませんが、映画は今日まで多く作られています。

 

スプラッター系「ホラー映画」として登場した人気シリーズを簡単にご紹介

1980 PART1 
実質の主人公は、母「パメラ」です。

1981 PART2
この時は「ズダ袋」を被っています。

1983 PART3
皆さんご存知のスタイルが設定、ホッケーマスクの大男。

1984 完結編(P4)
一応「完結編」と銘打たれた作品です。

1985 新・13日の金曜日(P5)
商業的には大ゴケしたといわれる作品です。

1986 PART6 ジェイソンは生きていた!
死んだはずのジェイソンが蘇ります。

1988 PART7 新しい恐怖
超能力少女VSジェイソン。

1989 PART8 ジェイソンN.Y.へ
なんとニューヨークへ行ってしまいます。

1993 ジェイソンの命日
前作のラストとも全く繋がらず、シリーズとしては異色

2001 ジェイソンX
ついに宇宙にいきます。

2003 フレディVSジェイソン
見てなくても、知ってる方は多い作品です。

2009 13日の金曜日(リブート版)
シリーズの設定を一から作り直した見やすい作品

 

ご存知のスタイルはP3以降で、初回は母がメイン、P2はズダ袋。
走ったり、ゆっくりあらわれたり。時にはひどい目にあいます。

シリーズも多く、パロディーなどでも使われるため
ごっちゃになるところがありますが、
ジェイソンのメインウエポンは「鉈(マチェット)」です。
※チェーンソーは使っていません。
※つなぎ服も着ていません。

ジェイソンの特徴の確認や、映画の興奮をフィギュアでコンプリートしよう!

「13日の金曜日」関連商品 (楽天)